起業長屋の女将とは

起業長屋の女将

カテゴリ:起業長屋の女将

女将の過去から未来へ

起業女将こと藤井晶子、昭和29年9月7日生まれ。

高度成長の波で日本が発展していくスピードと同じように成長した。

甲南小学校、甲南女子中高、甲南女子大学を卒業。

デパートで家庭用品の販売員からデコレータ―(ディスプレイ)として全国百貨店を巡回。

他の業界も見たくなり、退社後 企画会社に入り、アリス&海援隊ジョイントコンサート、

やしきたかじんファンクラブ設立、各種イベントなどに携わる。

その間、頼まれて夜の商売、クラブのチイママも経験する。

 

結婚後、札幌、東京、アメリカ 、各地での貴重な生活体験の中、

その時々の土地で 頼まれた仕事、ショールーム兼喫茶店の経営や

アパレルメーカー、コーヒーメーカーの営業も経験した。

関西に戻ってからは、家業(インテリア小物の製造卸業)の販促業務、

派遣女性販売員の教育を担当。

 

企業内ベンチャーで 「CHIKOあきんど」 を任されることとなり、

インキュベーションオフィス=起業長屋 ということから、

「起業長屋の女将」 と呼ばれるようになる。

2007年末に閉館するまでの4年間で、輩出した起業家が 約70名。

今まで 出会った起業家 1500名以上。

起業しても 3年継続できるのは 約30%といわれる中

CHIKO卒業生の80%が ビジネス界で現在も活躍しているのを誇らしく思います。

 

2004年秋、自宅敷地内に 邸宅貸しスペース 「CHIKOサロン芦屋」 を開設し、

お稽古 や セミナー、 ミニコンサート や パーディ会場 として貸し出す。

 

2005年春、起業支援、広報・イベント企画会社、有限会社オフィスFABB として法人化。

同年 シンフォニーホール での オーケストラコンサートを主催

もっとも難しいといわれる クラシックコンサート 1800名の集客に成功。

 

現在は「インディーズからメジャーへ 」 と銘打ち、埋もれている商品、サービスの事業演出をし、 WEB や 紙媒体、マスメディア を使って世に送り出すコンサルティング&広報 を専門にしている。

 

また、レンタルオフィス「アルファオフィス247」「秘書電話代行」の運営

秘書を雇用しない形態で利用できる「タイムシェアー・セクレタリー」サービスを展開中。

 

幅白い人脈と人生経験を買われ、講演活動、相談業務に奔走している。

プライベートでは 孫が出来、
再び 学校教育に興味を持っています。

あと10年 今のペースで走り続け、 リタイア後は 「日本伝統文化を 海外に紹介」 と称して、

世界各地を 旅三昧をするつもり。

目指せ 「のびのび自由な生活」

 

 


お問い合わせは、CHIKOあきんどへどうぞ
お問い合わせ